レガシーからモダンへ!EB-58シリーズはDOS, Win7, Win10, Win11, Linux, QNX, VxWorks, and Android-x86をサポートします

EBOX-58シリーズはレガシーOSと最新OS両方との互換性があります。DOS、Win 7 / Win 10 / Window 11、Linux、QNX、VxWorks、Android-x86などです。IoT、M2M、Industry4.0、ホームオートメーションセキュリティ、POS、公共交通機関、その他多くのアプリケーションに適したプラットフォームです。

eb58e_img1

新しいオペレーティングシステムはより革新的で強力な機能を提供しますが、これらの機能をサポートするためにハードウェアの変更が必要になる場合もあります。 ユーザーはコストの掛かるハードウェアのアップグレードだけでなく、部品の調達やメンテナンスという、コロナ後の時代の課題にも直面しています。 ユーザーがレガシープラットフォームとより新しいプラットフォームの間のギャップを埋めるのをサポートすることは、ICOPとEBOX-58シリーズの利点です。

ICOPのEBOX-58シリーズを使用することで、ユーザーはより堅牢な機能を備えた最新のOSとともにレガシーOSが引き続きサポートされることを保証できます。

eb58e_img2

EBOX-58シリーズ: DOS、Win7、Win10、Win11、Linux、QNX、VxWorks、Android-x86をサポート

EBOX-58シリーズは最大8GB DDR3Lのメモリ、デュアルギガLANポート、2つのRS-232 / RS-485ポートなどをサポートします。VESA対応で机、壁、または建物に取り付けが可能で、それによりの作業領域を最適化します。 また見本市、プレゼンテーション、プロモーションなどのLCDモニターに直接取り付けることもできます。ファンレス設計により、温度要求が重要な環境での使用にも最適です。

EBOX-58シリーズはすぐに出荷可能で競争上の優位性を提供します。

EBOX-58 OSサポートリスト:

Legacy BIOS

☑ Win7
☑ WES7
☑ Android-x86
☑ Linux Ubuntu 20.04
☑ Linux Ubuntu 18.04
☑ Linux Ubuntu 16.04
☑ Linux Mint 20.2
☑ Linux Debian 11
☑ Linux Debian 10
☑ Linux Debian 9

UEFI BIOS

☑ Win10
☑ Win10 IoT
☑ Win11
☑ Android-x86
☑ Linux Ubuntu 20.04
☑ Linux Ubuntu 18.04
☑ Linux Ubuntu 16.04
☑ Linux Mint 20.2
☑ Linux Debian 11
☑ Linux Debian 10
☑ Linux Debian 9
☑ Manjanro XFCE 21.1.6
☑ MX Linux 21

* EBOX-58シリーズ製品マップ: EB-58


eb58e_img3

EBOX-58シリーズ主な機能:

  • Intel® Atom® x5-E8000 Quad Core 1.04GHz, 2.00GHz (Burst) / Intel® Celeron® N3160 Quad Core 1.6GHz, 2.24GHz (Burst)
  • SO-DIMM 8GB DDR3L
  • 2S / 4U / 2GLAN / Mic-in / Line-out / HDMI / SATA / M.2 / mSD
  • Operation Temperature: 0 ~ +60°C
  • RS-232 x4/RS-485 x2/TTL (Optional)
  • TPM 2.0 (Optional)
  • Auto Power On
  • PXE diskless boot
  • 100x100mm VESA standard
  • DIN Rail Support (Optional)
  • Support 2.5" SSD / HDD (Optional)
  • AMI UEFI BIOS (Legacy mode switchable)
お問い合わせは、お気軽にこちらへ。