新リリース Linux 5.16においてのVortex86プロセッサの検出

2021年11月のLinuxカーネル5.16リリースでは、Vortex86プロセッサの検出が適切な識別で追加されました。

vortex86_for_linux5.16

DMP Vortex86 SoCは汎用のx86 32ビットカーネルがなくてもさまざまなレガシーLinuxディストリビューションで動作します。Vortex86 32ビットSoCは、32ビットx86サポートを維持し、Vortex86コアでサポートされていない一部のi686レベル機能のコーナーケースに当てはまらないLinuxディストリビューション上で動作しました。
Linux Kernel 5.16での検出により、レガシーだけでなくVortex86を搭載した新しいアプリケーションもこのカーネルリリースを利用できるようになりました。

MeltdownとSpectreによる攻撃はVortex86シリーズのCPUに影響しません

Vortex86 CPUは、正常に設計されておりCLFLUSH命令がないためSpectreおよびMeltdownに対して脆弱ではありません。
またLinuxカーネルはVortex86に適切に対応し、パフォーマンスに影響を与えない緩和策を適用して正しく識別しました。

CPU_History

他のプロセッサとの比較:

参照: